(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  死亡者の60%が老人介護施設内だったことが明らかに

スペイン地元メディアABCが報道したところによると9日、コロナウイルスにより国内で8日水曜日までに死亡した14,555人のうち、約60%の8,217人は老人介護施設で死亡していたことが分かった。

報道によると、マドリード州では5,586人が死亡。 うち老人が死亡したのは781人としているが、合併症などで死亡した人数を合わせると4,260人に上るだろうと州政府副首相は語っている。

カタルーニャ州でも3041人の死亡が確認されているが、このうち1,123人が施設内で死亡したとカタルーニャ州政府当局は発表している。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください