(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  内務省が警察当局の市民購入可能品目リスト作成を禁止

アリカンテで市民がスーパーでチョコレートクリームNocillaを購入したが、治安警察により、これは生活必需品ではないとして、外出制限政令を破ったとして1,000ユーロの罰金があったことを受け、内務省フェルナンド・グランデ・マルラスカ大臣は、警察当局が購入可能品目を作成することを禁止した。

これは、バレンシア州アリカンテ県治安警察が、内部文書で購入可能品目およびサービスのリストを作成し、これに従っていた可能性があったとし、このようなリスト作成を禁止した。

マルラスカ大臣は会見で「外出制限をきつく取り締まらなければならないが、市民の権利を侵害してはならない。」と発言。

未確認であるが、1ユーロ以下のビール1缶のみや、コーラ2本、ソーセージ、チョコレートの計6ユーロ以下の買い物のみで外出した市民らに対し”生活必需品ではない”として罰金を課したという情報もある。 このようなことが今後発生しないよう大臣が呼び掛けた格好となった。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください