(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス サンチェス首相側近が非常警戒体制延長を示唆

スペイン国営放送公式ツイッター・HPによると3日、ペドロ・サンチェス首相が所属するスペイン社会労働党(PSOE)の重役が、来週中にも非常警戒体制延長を求める下院議会を開く可能性が高いと報道したことが分かった。

スペインは新型コロナウイルス感染拡大に伴い3月15日から非常警戒体制を発令し15日間の外出制限が課せられた。 

その後25日に下院議会で更に15日延長が賛成321票で可決され、4月11日(12日0時)までとなっていた。

現在スペインでは累計感染者数が110,238人(感染者は約65,000人)で死亡者数は10,003人、入院患者数は累計で54,113人となった。 因みに昨年のインフルエンザ感染者数は約80万人、入院患者数約52,000人、死亡者数は約15,000人だった。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください