(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  感染拡大対策として携帯端末の位置情報利用へ

国家デジタル化・人工知能局は携帯端末の位置情報を利用し、国民の動きを把握することによるコロナウイルス感染対策を推進することが分かった。

国家デジタル化・人工知能局はスペイン国立当家局(INE)の協力の元、ビッグデータを利用した感染拡大対策を実施する予定。 これにはスペイン国内の通信会社Telefonica、Orange、Vodafoneなどが参加し、匿名で位置情報をビッグデータ化、INEが情報を分析する。 対象となる携帯端末は4千万台を超えるとみられる。

このプロジェクトはバレンシア州ですでにDataCOVIDとして仮運用が行われていた。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください