(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  家庭内暴力等でホテルなどの民間宿泊施設を利用可能に

スペイン中央政府は1日、家庭内暴力などの被害者がホテルなどの民間宿泊施設を利用できるよう、特別政令を発効することが分かった。 政令の発効は2日から。

スペイン中央政府が発効した官報(BOE12/2020)によると、家庭内暴力による被害者で、避難に急を要する場合、民間宿泊施設を利用することができる特別措置を講じた。 

また、家庭内暴力(性差別暴力)の他に、風俗労働者、子供らも避難対象としている。

家庭内暴力に関する救急電話は

016

対応言語は52か国語  (一部機械通訳)

BQ、Huawei、LG、Samsung、ZTE等のスマートフォンから電話をしても、通話履歴が残らないようになっている。(一部の製品を除く)

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください