(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  緊急対策本部警察補佐官が感染 本部で3人目

地元メディアの報道によると31日、コロナウイルス対策本部で毎日12時から官邸にて定例記者会見を行っていた内務省国家警察ホセ・アンヘル・ゴンサレス補佐官がコロナウイルスに感染していたことが分かった。

これにより対策本部で感染が発覚したのは3人目。 1人目はラウレンティノ・セニャ治安警察補佐官で、25日に感染が発覚。 今回感染が分かったゴンサレス補佐官が記者会見を引き継いでいた。 


国家警察と治安警察のナンバー2が2人そろって感染者となってしまった。 

また、2人目は指揮を執っていたスペイン保健省保険緊急事態調整局フェルナンド・シモン局長で、30日に2回目の検査の結果に陽性と出ていた。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください