(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  保健相「状況はコントロールされている。 警戒体制を延期するかはまだ言えない。」

スペイン中央政府保健省は30日、記者会見を開き武漢新型コロナウイルスの感染状況に関して”コントロールされている”とし、外出制限を含む非常警戒体制の延長はまだ言えないと発表した。

会見でサルバドール・イージャ保健大臣は「現在政府は感染拡大をコントロールするため動いており、ウイルス撲滅のため全ての手段を講じている。」「医療関係者からの情報では、感染者のピークには近づいているといえる。」「この異常事態の中、状況はコントロールされている」などと発言。 4月11日以降の非常警戒体制延長に関してはまだ言えないと発表した。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください