(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス 水性アルコール生産に向け協力企業続々

地元メディアの報道によると20日、新型コロナウイルスの感染が拡大しているスペインで、複数の企業が水性アルコール生産のため、工場を使用することが分かった。

Tío Pepe等で有名なゴンサレス・ビアス氏(Tío pepe、 London Nº1、Lepanto等を所有)はマドリードにある事務所のほか、カディスのJerez de la Frontera、シウダッド・レアルのBodega Las Copas de Tomelloso等の工場を医療用アルコールおよび水性アルコールジェルの生産に充てる。

このほか、Beefeater、バレンタイン、シーグラムス、ハバナクラブ、ルアビエハなどを持つPernod Ricard Españaも、シウダッド・レアルのManzanares工場を水性アルコールジェルの生産に充てている。

更に今週、Nivea Españaを生産するBeiersdorf Manufacturingもマドリードのトレスカントスにある工場を医療用アルコールの生産に充てている。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください