スペイン コロナウイルス カタルーニャ州政府が4つの街の封鎖を決定 約6万5千人が影響

地元メディアの報道によると12日、カタルーニャ州バルセロナ県イグアラダ市の病院で新型コロナウイルスへの医療関係者の集団感染者が認められたため、州政府はこの地域一帯を少なくとも14日間封鎖することを決定したことが分かった。

報道によると、封鎖される地区はIgualada,Vilanova del Camí,Santa Margarida de Montbui,Òdenaの4か所。 本日21時から封鎖が開始される。

イグアラダ市周辺ではコロナウイルス感染者が58人(朝は49人だった)と高く、更にそのうち36人がイグアラダ病院に従事する医療関係者だったとのこと。

21時からモススダエスクアドロ自治州警察が交通規制を開始するが、24時まではイグアラダ市周辺の閉鎖される地域に住んでいる市民は入ることができる(出ることは不可能)。 しかし、その後は外に出ることが禁止される。 救急などは対象外となる。

この決定により、周辺地区住民約65,383人が2週間街の外に出られなくなる。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください