スペイン コロナウイルス スペイン国王陰性

地元メディアの報道によると13日、スペインで感染拡大している武漢ウイルス(新型コロナウイルス)に関して、昨日行われた国王、王妃に対する検疫で、陰性であったことが分かった。

報道によると、今後レティシア王妃は専門家の要請により、定期的に検温を続けるとともに、公務を行わないとのこと。

今回の検疫に関し、昨日左派ポデモス党イレーネ・モンテロ平等大臣がコロナウイルスに感染していたことが発覚。 先週同女史が出席していた政治集会に国王と王妃も出席していたため、検疫を実施した。

『お詫び』このサイトは私一人で運営しており、本業の傍ら限られた時間で情報を発信しております。 毎日多くのスペイン語の記事を読み、いち早く情報を提供する事を心掛けております故、翻訳に読みづらい箇所、誤字脱字等、お見苦しい点が多々ございますが、粉骨砕身改善するよう努力してまいります。 なにとぞご容赦下さいませ。『お詫び』

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください