スペイン観光地の島でイタリア人観光客がコロナウィルス感染者と判明 1000人余りを検疫へ

地元メディアの報道によると25日、イタリアで感染が拡大した地域ロンバルディアのイタリア人医師が体調不良を24日訴え検査したところ、コロナウィルスに感染していたことが分かった。

報道によると、医師は奥さんと一週間ほど前よりスペインのテネリフェ島にあるH10コスタ・アデヘ・パレスに滞在していたとみられ、現地時間月曜日13時頃に体調不良を訴え現地病院キロンサル・コスタ・アデヘで診察を受けた。 その後、コロナウィルスに感染していたことが分かり、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・カンデラリア大学病院に搬送され隔離されたとのこと。 

この後、2回目の検査が行われる予定で、マドリードのカルロス三世国立微生物学センターが担当することになる。

また、地元通信社の報道によると、25日午前中に同医師が滞在していたホテルに1000人余りが宿泊しており、従業員、宿泊客への検疫を行うとともに、地元警察当局は同施設への移動を禁止し、閉じ込めることを決定したと報道している。

スペイン観光地の島でイタリア人観光客がコロナウィルス感染者と判明 1000人余りを検疫へ

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください