スペイン大型連休セマナ・サンタ ストライキ情報

スペイン大型連休セマナ・サンタの期間におけるストライキ情報が地元メディアにより報じられた。

子供たちの学校も12日で学校が終わり大型連休を迎えるスペインであるが、空港、電車、港湾などを中心にストライキが予定されている。

確認されているストライキは以下の通り。

4月13日0時から無期限スト

マドリードのバラハス国際空港で空港警備員労働組合によるストライキ。 組合側は混雑が予想される空港の利用者に対し「理解と我慢」を要請。 空港管理公社AENAは「無責任」と批判。

4月21日と24日

スペイン国内全ての空港地上勤務者によるストライキ。 規模は6万人規模となる予定。 労働組合USOとUGTによると、「このストライキを撤回する余地はない」と発表。 これは、昨年7月と10月に結ばれた労働環境に関する契約を反故にされたためとのこと。

4月15、16、17、22、23、24日

AIR Nostrumのパイロットによるストライキ。 このストライキによりすでに148便がキャンセルとなった。

4月18日~28日

マドリード・スペイン国鉄警備員労働組合によるストライキ。 労働組合によると、警備会社が180ユーロから300ユーロの特別手当を支払わなくなったと指摘している。

4月17日

Adif、スペイン高速鉄道ADIF、港湾、海上救助隊がストライキ。

セマナ・サンタ期間は旅行者を狙った盗難などが多発します。 旅行期間中は自分の持ち物をしっかり守って、つまらない理由によりせっかくの旅行が台無しにならないようにしましょう。 健康に気を遣って、快適な旅行をお楽しみくださいませ。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください