オランダ 路面電車発砲事件容疑者を逮捕

オランダ当局は18日午後、現地時間18日10時45分頃に発生したオランダ・ユトレヒトの24Oktoberplain付近で路面電車内での発砲事件の容疑者を逮捕したことを明らかにした。

容疑者はトルコ出身男性Gokmen Tanis容疑者37歳。

地元メディアAnadoluによると、今回の犯行は容疑者の家庭問題によるものであると報じているが、警察はテロによる犯行であるかどうか調べを進めているとのこと。

容疑者は事件のあった場所から約3キロメートル離れたOudenoord通りで逮捕されたと報じられている。

また、地元メディアによると、容疑者は強盗、恐喝、窃盗等の複数の前科があると報じており、直近では暴力行為により2017年に裁判所に出廷していたとのこと。

今回の逮捕により、オランダ当局は対テロ警戒レベルを最高の5から、4へと引き下げた。


あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください