モバイル・ワールド・コングレス期間中バルセロナ地下鉄労働組合がストライキ実施予定

バルセロナ地下鉄労働組合は22日、バルセロナ交通局(TMB)と協議後、アスベスト問題に進展がなかったとして、世界最大規模の携帯端末見本市モバイル・ワールド・コングレス開催期間中の2月25日~28日のあいだ、最大通常の30%の間引き運転を行うことを発表した。

これは、バルセロナ地下鉄労働組合の「アスベストの影響を受けた労働者への管理、及び地下鉄業務の自動化」に対する抗議のため。 

これにより、カタルーニャ州政府側は25日から28日の間、6時30分から9時半と16時から20時までの時間で通常の50%の間引き運転、その他の時間は30%の間引き運転を行うよう指示をしているが、労働組合側では、午前中は通常の50%の間引き運転で、その他の時間は30%の間引き運転を行うと発表している。

この他、エル・プラット国際空港清掃業務労働組合が24時間のストライキを予定していたが、労働組合とスペイン空港・航空管制公団(AENA)との話し合いが決着したためストライキは回避された。

タクシーでは、先月VTCをバルセロナから排除することに成功したため、当初発表していたストライキは行われない。 (UBERとCabifyはバルセロナでサービスを行っていないので注意)

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください