ペルー・エクアドル国境付近でマグニチュード7.2の地震を観測

現地報道によると22日、ペルーとエクアドル国境付近でマグニチュード7.2(他の情報筋によると7.7など、詳しい情報が錯そう中)の地震を観測。 これによる津波の心配はないとのこと。

報道によると、アメリカ地質調査所は現地時間22日7時17分頃、マグニチュード7.5の地震を観測、震源地の深さは132キロメートル。 ペルーの首都リマでも揺れを感じたとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください