メキシコ 政府が使用していた航空機80機と高級ヘリを競売へ

アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領(AMLO)は11日、メキシコ国立宮殿で記者会見を開き、政府専用機80機及び数十機(一部報道では70機)の高級ヘリをサンタ・ルチア空軍基地で展示、競売にかける意向を示したことが分かった。

AMLOは記者会見で「我々は現在、サンタ・ルチア空軍基地にこれらの航空機を展示、世界の購入希望者に販売し、資金を獲得。 国のためにそれを利用することを考えている。」と語った。

エンリケ・ペーニャ・ニエト前政権時代に大統領専用機として使われていた最新鋭機ボーイング787-8ドリームライナーは昨年12月に「贅沢すぎる」として売却を決定していた。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください