オランダ・ロッテルダム ナンパで罰金200ユーロ

オランダ人男性36歳が言葉による性的な嫌がらせで罰金刑が下された。 オランダではこのような罰金刑は初。

事件が起きたのは今年の夏、ロッテルダムで女性グループの後を付け、横に座り、投げキッスをするしぐさをしながら「こんにちはお嬢さんたち。 君たちとてもかわいいね。 何やっているの?」や、「お嬢さん、もう行ってしまうのかい? 私ともうちょっと一緒にいてよ。」「美しい人、君はとても魅力的だね。」などと発言したとのこと。

弁護側は、「男性に犯罪を犯そうという意思はなかった。 犯罪となるとは思っていなかった。」と語った。

この判決により男性は200ユーロの罰金、2年の執行猶予。

アムステルダムとロッテルダムでは2017年からこのような発言が犯罪行為で、最大4,100ユーロの罰金、もしくは3か月の実刑判決となる。  また、このような行為を証明するために、アプリ「StopApp」を利用しているとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す