メキシコ死者の日

ダウンロード (2).jpg
「死者の日」とは死者を敬うメキシコの伝統的な祭典。 キリスト教の諸聖人の日と重なり、11月1日と2日に祝われる。 (1日は子供の魂が現世に還り、2日は大人の魂が現世に還ってくるとされている。)

この祭典は主にメキシコで行われるほか、メキシコ人が在住する北米、中南米諸国でも行われる。 2008年にユネスコはこの祭典を人類無形文化遺産に認定した。

このメキシコにおける死生観に関する文化は、コロンブスが到着する以前からあったものである。  人類学博物館に所蔵されている一年が18か月のメシーカ族のカレンダーで、少なくとも死者の日が6日あったことが確認されている。 その後、植民地時代にキリスト教宣教師らがヨーロッパの伝統と古代メソアメリカ(マヤやアステカ文明圏など)文化を統合、各地方でそれらが受け入れられてきた。

メキシコでの死者の日の起源は、スペイン人の到着以前から存在しており、メシーカ族、マヤ族、プレチャ語圏、トトナカ族で祝われていた記録が存在する。  この時、頭蓋骨などをトロフィーとして儀式の象徴のように使用されていた。

この祭典は、アステカ太陽暦第9の月(8月初頭頃)を約一か月間祝う祭りから死者の日となったという説がある。 これは、現在ラ・カトリーナ(Jose Guadalupe Posadaの著作物に登場)のモデルで、アステカ神話の冥府ミクトランの王ミクトランテクトーリの妻で、死者の女神ミクテカシウアトルを祀る祭典だったからだ。

古代メソアメリカ文化圏の死生観は、キリスト教のような生前の行動により魂が天国に導かれるのか、処罰するために地獄に落ちるとかなどの道徳的意味合いは存在していなかった。 それどころか、彼らは、魂の行き先は生前の行動よりも、その死にざまにより決定されると信じられていた。

これにより、古代メソアメリカのマヤ文明やアステカ文明などでは、祖先崇拝や支持体に関する豊富な儀式が執り行われてきた。

アステカ人の死生観
メシーカ族では、魂の行き先は4つあると信じられていた。

トラロカン
雨・雷の神トラロクのパラダイス「トラロカン」。 「水」に関する原因で死亡した場合、魂はこの場所に向かう。 例えば溺死、雷、痛風、むくみ、疥癬や膿疱。 トラロカンは休息と豊かな場所。

オメヨカン
戦争の神ウイツイロポクトリ(Huitzilopochtli)が統治する太陽のパラダイス「オメヨカン」。 ここに来る魂は、戦死者、自分を犠牲にした捕虜、出産で死亡した女性。 ここでは音楽、歌、踊りが絶え間なく行われ、永久的な喜びの場所。 ここに来た死者は4年後に綺麗な美しい鳥となり(ゴクラクチョウなど)また生前の世界に戻ると信じられていた。

ミクトラン
冥府。 冥府の王ミクトランテクトーリと妻で死者の日で祀られるミクテカシウアトル(ラ・カトリーナ)が統べる世界。 自然死の魂が来る場所。 暗闇でこの場所から出ることはできない。 

チチウアクアウコ
聖別する前に死んだ子供たちの魂がたどり着く場所。 この魂は、生前の家族、家系が消滅すると、輪廻転生することができると信じられていた。

魂が冥府ミクトランに到着し、永遠の休息を得る場所チクナミクトラン(ピクサー映画リメンバーミー COCOでは、生前関わっていた人間たち全員が死者の思い出を「忘れる」ことによって魂が消滅し、それは「悲しいこと」「避けたいこと」として書かれている。)にたどり着くためには、魂は4年間様々な場所を旅しなければならない。 このため、ショロイツクイントレ(Xoloitzcuintle・メキシカン・ヘアレス・ドッグ)と呼ばれる死者の川の道しるべとなる犬と、冥府の王ミクトランテクトーリへの捧げものの香水、綿、四本の矢、松明などの他、冥界への扉を開くために生前使用されていたものも一緒に埋葬されていたとのこと。

死者の日に捧げられる供物にはそれぞれ意味がある

カラベラス・デ・ドゥルセ (甘い骸骨)
お菓子でできた骸骨の額に故人の名前を書く(たまにジョークで生きている人の名前を書くことも)。

パン・デ・ムエルト (死者のパン)
キリスト教の影響を受けた捧げもの。 スペイン人宣教師によってもたらされた。 アニスと砂糖などが味付けとして使用される。


死者の日である11月1日と2日、家族はお墓の掃除を念入りに行い、バラ、ひまわりなどの綺麗な花を飾るが、一般的には千寿菊が飾られる。 これは、死者の魂を捕まえ、導くものと信じられているほか、その輝きは太陽のようであり、全ての生物の起源であると信じられている。 各花1輪が、1魂とされ、故人のことを忘れずに、皆と一緒に存在している象徴。 一方、プエブラ州ウアケチュラでは、千寿菊ではなくグラジオラスが使用される。

オフレンダ (お供え物)
11月1日に子供の魂が、2日に大人の魂が還ってくる死者の日であるが、もしその日にお墓に行くことができない場合、もしくはお墓がない場合、家に祭壇を作りお供え物を置くことで死者を向かい入れることができる。 この際、水、死者のパン、食事、玩具、テキーラ、タバコなどを供える。

故人の肖像画
伝統的には写真や肖像画を裏にして設置し、鏡を使って見られるようにする。 ピクサー映画リメンバーミーでも描かれている通り、この肖像画・写真がない限り、死者の魂はこの世界に還ってくることはできない。

煉獄の絵
この絵などを飾り、魂がこの日だけ外に出られるようにと祈る。

12の蝋燭
少なくとも2つは祭壇に飾らなければならない。  紫色が好まれている。 これは、魂が家を見つけるための道しるべとなるほか、喪に服すという意味も込められている。

パペル・ピカード (切り紙・切り絵)
アステカ文明ては、祭壇などに木から作られた紙を切り、順風な風を表現していた。


冥界ミクトランに到達するため、死者の川を道案内するための犬、メキシカン・ヘアレス・ドッグを飾る。 これは、銅色でなくてはならない。

あわせて読みたい

コメントを残す