ソプラノ歌手モンセラット・カバイエさんが85歳でこの世を去る

バルセロナ出身世界的ソプラノ歌手モンセラット・カバイエさんがバルセロナで息を引き取った。 85歳だった。

モンセラット・カバイエさんは1933年4月12日、バルセロナで産まれた。 

バルセロナのリセウ音楽院で学んだあと、バーゼル歌劇場でデビュー。  1965年にカーネギー・ホールで病欠したマリリン・ホーンの代役を行ったことで世界的に注目されるようになる。

バルセロナ五輪では、クィーンのボーカルフレディ・マーキュリーとのデュエット「バルセロナ」を歌い、テーマ音楽となった。

カバイエさんは9月中旬からバルセロナ・サン・パウ病院に入院していた。 お通夜は明日日曜日14時からレス・コルツ葬祭場で行われる予定。

あわせて読みたい

コメントを残す