カタルーニャの日「ディアダ」に独立賛成派市民約40万人が参加表明 チャーターバス枯渇

スペイン継承戦争でカタルーニャの首都バルセロナが1714年に陥落した9月11日を記念日としたカタルーニャの日「ディアダ」に同州の独立と、「反乱・扇動・公的資金横領等の容疑」で逮捕拘束されている「政治犯」(中央政府は政治犯の存在を認めていない)の開放を求め、独立推進民間組織カタルーニャ国民会議(ANC)とOmnium Culturalがバルセロナ市内で抗議デモを呼びかけている件で、この抗議デモに参加を表明している市民が約40万人に上っていることが明らかになった。  この数字は昨年の地元警察発表の35万人を超えた。

カタルーニャ州各地からこの抗議デモに参加するため合計約1,300台のバスがチャーターされ、これ以上空きのバスが無くなった。

これに対しANCは、参加する市民に対し参加者を同乗させてバルセロに来るよう呼び掛けている。

一方、ANCにより毎年新しいデザインで販売される独立を呼び掛けるTシャツはすでに26万着が販売された。 これも昨年の販売数を上回った。

(同日護憲派市民党が同じく集会を開くと発表しているため、日本人旅行者は(在住者も含め)この日バルセロナに滞在する場合、独立派と反独立派の衝突や、人が集まる場所がテロの標的となる可能性もあるため、注意して行動してください。ANCの発表しているでも抗議デモの詳細はこちら

あわせて読みたい

コメントを残す