カタルーニャ州議会が緊急議会を開催 プッチダモン被告の信任投票の権利を認める法案を可決(但し象徴的な決定)

カタルーニャ州議会は28日、一緒にカタルーニャのために党(JxCAT)、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)、人民統一候補(CUP)の要請により緊急議会を開催、ドイツで逮捕拘束されたカルラス・プッチダモン被告の州首相信任議会出席の権利を認める法案を可決した。 但し、これは象徴的な決定であり、法的強制力は無い。
PR


カタルーニャ州議会は28日このような決定を行い、カルラス・プッチダモン前州首相被告、ジョルディ・サンチェス被告、ジョルディ・トゥルイ被告らの次期州首相信任議会への出席する権利を認め、逮捕拘束されている政治家らの釈放を求めた。 但し、この決定には法的拘束力がなく、象徴的な決定となる。
PR


州議会はこのほかにも、カタルーニャ市民党から提出されたカタルーニャ共和主義左翼(ERC)ロジェール・トレント州議会議長の罷免を求める法案を提出。 反対多数で否決された。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください