スイスでロブスター(甲殻類)を調理する際気絶させることが義務化へ (ラ・バングアルディア紙)

スペイン地元メディア、ラ・バングアルディアが伝えたところによると、スイス政府は動物保護の観点から甲殻類を調理する際、生きたままお湯に入れるなどの調理法を禁止することが10日、分かった。
PR


報道によると、「ロブスターを含む甲殻類を搬送する際、氷や冷水を使用してはいけない。 これらは、生きていた周辺環境と同じ環境で搬送する事。 また、これらを調理する前は必ず気絶させなければならない。」とのこと。 スイス政府はこの法案を可決、3月から発効される。

また、このほか犬の違法ブリーダー撲滅のための規制を強めるほか、犬が吠えた時に自動的に罰をあたえるような装置の使用禁止などが盛り込まれていると報じられている。

このようなロブスターの扱いに関して、イタリア最高裁判所で昨年6月生きた状態で搬送する場合氷を使用してはいけない判決が出ている。

ソース
Suiza prohíbe cocinar las langostas tirándolas en agua hirviendo

あわせて読みたい

コメントを残す