D-21 フォルカディ議長が12月21日の州選挙にERCからの出馬を表明

カタルーニャ州議会現議長で扇動、反乱、公的資金など横領の容疑がかけられているカルメ・フォルカデイ議長が12月21日の州選挙にカタルーニャ共和主義左翼(ERC)から出馬を表明した。
PR



同議長はツイッターで「平和的に、民主主義的に、我々の国をよくするためにいつも務めてきた。 それはD-21のERCからの議員として立候補することで続けていく。」と発言。

これにより、ERCバルセロナ立候補者リストが一番目オリオル・ジュンケラス党首(全国管区裁判所により拘留中)二番目マルタ・ロビラ組織幹事長三番目ラウル・ロメバ(全国管区裁判所により拘留中)四番目カルメ・フォルカデイ議長(最高裁判所で裁判中)

また、同議長は最高裁判所で「一方的な独立宣言」は象徴的なものと思っていたと証言していた。

あわせて読みたい

コメントを残す