10-O カタルーニャ州を脱出した企業がついに2000社を超える

スペイン登記会の発表によると、10月2日から11月2日までの期間、2,066社がカタルーニャ州から州外に住所を変更したことが分かった。



10月2日から州外に流れた2,066社のうち、バルセロナから1,854社、ジローナから38社、ジェイダから77社、タラゴナから97社となった。

また、一日あたり一番多くの企業が脱出した日は10月19日の州政府に中央政府が介入できる憲法155条適用を判断する州政府首相の回答期日で268社。 次に、「独立っぽい宣言」をした一日前の10月9日には212社が州内から州外に脱出した。

あわせて読みたい

コメントを残す