C155 サンティ・ビラ前企業相保釈金を支払う

ヨーロッパプレスの報道によると3日、サンティ・ビラ前企業相が保釈金5万ユーロを支払ったことを受け、全国管区裁判所カルメン・ラメラ判事は、同前企業相を保釈することを決定した。



今後、パスポートの返納命令ほか、すぐに居場所が分かるようにするよう命令が下される、保護観察対象となる予定。

ビラ前企業相は、カタルーニャ州政府が一方的な独立宣言を行う直前に「対話が私の目的」であるとし、辞職していた。

あわせて読みたい

コメントを残す