C155 プッチダモン前州知事ブリュッセルで発見、亡命か?

ヨーロッパプレスの報道によると30日、中央政府から更迭されたカルラス・プッチダモン前州知事がブリュッセルに渡航していたことが分かった。



報道によると、前州知事は現地で弁護士や政治家らと会議を持つと、ブリュッセル地元メディアFlamnecaVRT報じているとのこと。

前州知事がブリュッセルに渡航したことはスペインメディアエル・ペリオディコが最初に報じた。 また、複数のメディアの報道で前州知事は更迭されたその他の州政府内閣官僚ホアキン・フォルン前内務大臣、メリチェル・ボラス、メリチェル・セレト、ドロールス・バッサ、アントニ・コミン前保健大臣らと一緒にいたとのこと。



30日はスペイン検察総監が前州知事を含む州政府内閣官僚全員に対し反逆、扇動、公的資金などの横領などの容疑で全国管区裁判所に告訴していた。

ベルギー移民難民局長テオ・フランケンは前州知事の亡命を許可する用意というような発言を行ったものの、同国シャルル・ミシェル首相は予定にないこととして、すぐに否定した。

前州知事は今朝早くに州政府庁舎内の写真を「おはよう(絵文字で笑顔)」のコメントと共にインスタグラムに投稿していた。 (当日とられたものかは分からない)

View this post on Instagram

Bon dia 😊

A post shared by Carles Puigdemont🎗 (@carlespuigdemont) on

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください