12-O 複数の自治体でスペインの日を祝日とせず平日として勤務を強行

毎年カタルーニャ州やバスク地方で独立派の複数の自治体が10月12日のスペインの日を祝日と認めず、平日として勤務を行う姿勢を見せる運動がある。
PR



昨年では、カタルーニャ州国民党中央政府代表ルナ議員が、複数の自治体に対しスペインの日を祝日として認めるめよう裁判所に訴え出ていた。

今年も市庁舎を開放し、平日として勤務している複数の自治体が存在しており、特に独立派政党に所属している市長の場合は顕著である。

ジェイダ県ではMollerusa、La Seu dUrgell、Cervera
ジローナ県マルタ・マドレナス市長は各公務員に自主的に勤務するよう呼びかけた。
サバデイ市マティエス・セラカント市長は、勤務風景をツイッターで流した。


因みに、スペインの日は祝日として認められなければならず、他の日に振替することはできない。 その法的根拠は労働法37条及び2001/19837月28日政令45条(se trata de una fiesta de ámbito nacional, fiesta laboral con carácter retribuido y no recuperable)

あわせて読みたい

コメントを残す