スペイン サンチェス首相各自治州政府に対しウクライナへの侵略戦争が長引く可能性があると警告 中国は仲介役を

スペインのペドロ・サンチェス首相は13日、自治州政府首相会議の場で、ロシアによるウクライナへの侵略戦争は、長期化し、慢性化する可能性があると計画したうえで、中国当局に仲介役をかって出るよう訴えたことが、地元メディアの報道により分かった。

会議の中でサンチェス首相は、ウクライナの紛争は長く、時間経過とともに慢性化するリスクがあると延べ、各自治州政府代表らに「最大限の団結」を呼び掛けた。

また、首相は中国に対し、外交的解決策を見つけるための仲介と対話を行うよう訴えた。

現在スペインではマドリッド、バルセロナ、アリカンテにウクライナ人向けの難民受け入れセンターが設置されているほか、マラガにももう一つ設置することが検討されている。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください