カタルーニャ州 州政府が新たに夜間外出禁止令発令を示唆

カタルーニャ州政府報道官は21日、人口1万人以上の自治体に対し、新型コロナウイルス感染者が過去一週間で、10万人中250人以上の割合である場合、夜中1時~6時までの間外出を禁止する可能性がある意向を発表。 近くカタルーニャ州高等裁判所に対し、法的拘束力を求める要請をするとのこと。

記者会見で報道官は、「これまで十分議論されてきた案件であるため、夜間外出禁止令に関し、TSJCは許可を出すだろう。」とのこと。 これは、人の移動などを制限する場合、基本的人権の侵害にあたり、憲法の厳戒令が発令していなければ、夜間外出禁止令は自治州レベルで勝手に発令できないのではないかという問題があるため。

更に報道官は記者の質問に対し、「夜間外出禁止令が発令されたとしても、州内の多くの人口を抱える自治体などは、規定の感染者数に届いていないため、人口の多い大半の自治体は禁止令を免れるだろう。」と答えた。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください