スペイン 運送業者大規模スト回避

スペイン貨物輸送連盟(CETM)が呼び掛けていた国内の大規模ストライキが回避されたことが、地元メディアの報道により分かった。

CNTCは17日午前中より中央政府と会合を開き、労働環境改善に関して一定の合意が得られたため、来週20日~22日まで予定されていた大規模なストを中止するとのこと。

合意に至った項目は以下の通り。

-運転手は荷物の揚げ降ろしを禁止する。 待機時間も、今までの5時間から2時間に短縮。

-契約時から軽油価格が上昇した場合、その上昇した分は運送業者ではなく契約者が支払う。

-Euroviñetaの批准見送り(Euroviñetaとは、環境問題を考慮し、オランダ、ルクセンブルク、スイス、デンマークで実施されている12トン以上のトラックが走行する場合、重量税を支払わなければいけない法律。)

-利用可能なトラックなどの最大積載量変更などは、一方的に決定しない。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください