スペイン 新型コロナウイルス 各自治州政府の主な対応7/14/2021

アラゴン州
飲食店は23時までの営業規制。 ただしお持ち帰りは0時30分まで。 カウンターでの飲食は禁止。 店内は50%の入店制限で、1つのテーブルに6人まで。 クラブハウスなどの夜営業種は0時30分まで。

バレアレス諸島
フランシナ・アルメンゴル州知事は「他州と比較する必要はない。」とし、新たな規制は行わない。

カナリアス州
州政府が0時30分から6時までの夜間外出禁止令を発表するも、カナリアス州高等裁判所がこれを認めず。 

カンタブリア州
州内53の地域において1時~6時までの夜間外出禁止令を発令するようカンタブリア州高等裁判所に届け出。 商店やガソリンスタンドでの20時以降の酒類販売禁止。(これは、公園などで人が集まってお酒を飲む行為Botellonを避けるため)

カスティーリャ・イ・レオン州
先週よりクラブハウスなどの夜営業種は2時までの営業。 カウンターでの飲食は可能。 クラブで踊り場の使用禁止。 アルフォンソ・フェルナンデス・マニュエコ州知事は、中央政府に対しマスク着用義務を再実施するよう要請。

カスティーリャ・ラ・マンチャ州
州政府は病床の占有率が国内平均の半分以下であることから、新たな規制は必要ないと判断。

カタルーニャ州
夜間外出禁止令を発令予定。 帰還は15日間。 ただし、州高等裁判所の承認待ち。

エストレマドゥーラ州
一部地域のロックダウンを開始。(Villafranca de los Barros、Salvatierra de los Barros、Valverde de Legan’es)

バスク州
現行の規制に加え、Botellonの禁止、パーティーの禁止。 マスクの常時着用要請。

ガリシア州
テラス席は10人まで。 来週火曜日から、クラブ等の夜営業の店舗に入店する場合は、PCR陰性証明か、ワクチン接種証明書の提示が必要となる。

ラ・リオハ州
レベル2の規制を1週間延長。

マドリッド州
アユソ州知事「いいえ。 まだ、大丈夫。 いまのところマドリッド州はいい状況。」とし、新たな規制は行わない。

ムルシア州
クラブ、カラオケ、パブなどの夜営業の業種に休業命令。 夜間外出禁止令発令も視野。

ナバーラ州
クラブ等1時までの時短営業命令。 (今までは4時までだった)

バレンシア州
州内での集会は10人まで。 州内32にの地域で1時~6時までの夜間外出禁止令発令。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください