カタルーニャ州 屋外でのマスク着用義務規制解除を提案

地元メディアの報道によると、カタルーニャ州政府マリチェル・マソ保健相は、本日行われる国内各自治州政府保健省と中央政府国内保健機構(CISNS)との会談で、屋外でのマスク着用義務の規制解除を提案することが分かった。

記者会見を開き、マスク着用義務規制の解除を求める意向を示したマソ保健相は、「規制解除にはカタルーニャ州政府が一方的に決定をすることはできない。 各自治州政府とCISNSの了承が必要となる。」と語り、現在のところマスク規制の解除となるプロトコルは策定できておらず、今後どのようにして規制解除に踏み切るか審査が必要であるとのこと。

現在スペインでは、新型コロナウイルスの一日の感染者数が3,832人(先週の水曜日は4,427人)で、そのうち無症状の感染者は1,910人。(累計3,749,031人) この2週間の人口10万人に対する感染者数は98.78人となり、人口10万人に対する感染者数が昨年8月12日以来100人を下回った。  また、新型武漢コロナウイルスによる死亡者は36人。

現在国内の感染者で入院患者数は3,089人。(このうち337人が新たに入院、441人が退院)病床使用率は2.50% 集中治療室を利用しているのは853人で、病床使用率は9.06%。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください