マドリッド 夜間外出禁止令発令中  マドリッド市で爆発 ガス漏れか

地元メディアの報道によると20日、マドリッド市内Toledo通り98番で爆発が起こり、建物の外装が崩壊、16時までの情報で二人が死亡したことが分かった。

報道によると、爆発が起こったのは、マドリッド州マドリッド市Toledo通り98番にあるVirgen de la Palomaというキリスト教多目的建物で、14時50分ごろ発生。 上階は高齢者介護施設があり、低層階には祭壇などがあったとのこと。

現在のところ詳しい爆発の理由は分かっていないが、複数の地元メディアはマドリッド市のホセ・ルイス・マルティネス・アルメイダ市長はガス漏れによる爆発と報道している。

現在周辺にはガラスなどが散乱し、建物が倒壊する可能性があるため近隣住民は避難している。

追記の可能性あり。

報道によると、爆発が起こったのは、マドリッド州マドリッド市Toledo通り98番にあるVirgen de la Palomaというキリスト教多目的建物で、14時50分ごろ発生。 上階は高齢者介護施設があり、低層階には祭壇などがあったとのこと。

現在のところ詳しい爆発の理由は分かっていないが、複数の地元メディアはマドリッド市のホセ・ルイス・マルティネス・アルメイダ市長はガス漏れによる爆発と報道している。

現在周辺にはガラスなどが散乱し、建物が倒壊する可能性があるため近隣住民は避難している。

追記の可能性あり。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください