スペイン 夜間外出禁止令発令中 ピロメーラー低気圧(Borrasca Filomera)マドリッド州を中心に記録的な降雪 9日12時までに2名死亡(内務省発表)

ピロメーラー(Filomera)と名づけられた低気圧は昨夜よりスペインに上陸、マドリッド州を中心に記録的な降雪が観測されている。

この降雪により、マドリッド州ではバラハス国際空港が昨晩より封鎖。 また、国鉄なども運転を見合わせている。

ピロメーラー低気圧は今晩にはスペインを抜け、明日13時頃にはイタリアに上陸する模様だと、スペイン気象庁は発表している。

また、スペイン内務省は9日12時までの主な被害状況や措置などを発表。 それによると、バラハス国際空港は本日23時まで閉鎖、マドリッド州中央市場(Mercamadrid)閉鎖、7か所に軍緊急部隊147人66車両を派遣、市内のトンネル等を閉鎖、トラックのマドリッド州内の高速道路の使用が禁止された。

また、マラガ県Fuengirola川付近で昨晩から行方が分からなくなっていた45歳男性と50代女性が、本日10時30分頃行方不明地点から300メートルのところで遺体となって発見された。 彼らの他に2人を乗せて車でEsparragal公園内の川を渡ろうとした際流されたとみられる。

サンチェス首相は9日午前、外出せずなるべく家にとどまるようマドリード州市民に要請した。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください