スペイン コロナウイルス スペイン全土でソーシャルディスタンスが確保できない場合路上喫煙が禁止される

地元メディアの報道によると14日、スペイン中央政府サルバドール・イージャ厚生大臣が公共施設、路上、屋外でソーシャルディスタンス(2メートル)が確保できない場合、喫煙を禁止することが、全自治州首相の賛成により決定したと発表したことが分かった。

また、ナイトクラブ、ダンスホール、バーなどを閉鎖することでも合意したとのこと。

これにより、ソーシャルディスタンスが確保できない場合、テラス席での喫煙は禁止される。 

この他、飲食業界のレストランやバル、チリンギート(海の家)等は、1時に閉店しなければならず、0時からは新規客を入店させてはいけない。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください