(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス 中央政府厚生省がマドリード州やバルセロナを含むカタルーニャ州都市部及びレオン州のフェーズ2移行を承認 6月8日月曜日から

スペイン中央政府サルバドール・イージャ厚生大臣は5日記者会見で、段階的外出制限緩和措置フェーズ1となっているマドリード州、バルセロナ市を含むカタルーニャ州都市部及びカスティーリャ・イ・レオン州の一部地域に対し、6月8日月曜日からフェーズ2への移行を承認した。

また、アンダルシア州、アラゴン州、アストゥーリアス州、バレアレス諸島、カンタブリア州、エストレマドゥーラ州、ガリシア州、ラ・リオハ州、ナバーラ州、ムルシア州、バスク州、カナリアス諸島、メリリャ自治都市等がフェーズ3へ移行し、国内の約52%がこのフェーズになる。

フェーズ2に移行することにより、「散歩」や「運動」の外出時間制限が一部解除されるほか、集まることができる人数が10人から15人にまで拡大される。 

また、フェーズ2では65歳以上の高齢者向け優先時間を設け、尚且つ40%の入場制限を行いショッピングセンターが再開される。 バルやレストランでは、立って利用するカウンター席以外で、店内での利用が可能となる。

更に映画館、劇場、図書館等は30%の入場制限、文化的な催事では、屋内で最高50人、屋外では400人までの入場制限で許可される。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください