(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス 非常警戒体制発令から一週間 ペドロ・サンチェス首相が記者会見「つらい日々が訪れるだろう。」「来週末に向け心の準備を。」

武漢新型コロナウイルスの感染が拡大しているスペインで、ペドロ・サンチェス首相が記者会見を開き、「つらい日々が訪れるだろう。」「来週末に向け心の準備を。」と発言したことが分かった。 これは、非常警戒体制が15日間と憲法166条で規定されており、その期限が来週末だからだ。 これを延長するためには国会で決議しなければならない。

今のところ、25日か26日に国会が開催される予定。

今日のコロナウイルス関連報道
現在まで、2,125人が回復、退院している。
マドリード州は死亡者数が804人となった。(176人増加)
スペイン中央政府保健省はマドリード州に人的資源を配置すると発表、医療関係者9,500人へ。
スペイン政府はコロナウイルス検査キット64万個購入。 国内各地へ配布。
感染者農地50%は70歳以上の高齢者。 30歳以下のグループで入院患者は全体の5%程。
コロナウイルス早期発見キットがラ・リオハ州とカナリアス諸島で導入、使用されている。
中央政府は高速道路、幹線道路(Carreteras)を走行できる車種を設定。 それ以外は走行できなくなる。(救急車両、道路補修工事用車両、医療品運搬車両、ゴミ収集車、食料品運搬車、タンクローリー、郵便車両、霊柩車、生物貨物輸送車等)
マドリードのホテルの近くにあるカフェテリアが、15人の客に朝食を提供しているところを近隣住民に通報され、避難させられる。
Huawei創業者が、中国にいる家族に送る用だったマスク100万枚をスペインに寄付

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください