スペイン コロナウイルス マドリード商業施設閉鎖始まる

スペインで感染拡大している武漢新型コロナウイルスの封じ込め対策として、マドリード州で商業施設閉鎖が始まった。 マドリード州政府からできること、できない事のリストが発行されたので記載しておく。 今のところこの閉鎖期間は15日間で、延長する可能性もある。

許可されていること

食品を扱う店舗
市場、青果店、精肉店、魚屋、パン屋、スーパー、スーパー

薬局等
薬局、コスメティック店、衛生管理用品店、ドラッグストア

タバコ屋
キオスコ、文房具店

インターネットやテレコミュニケーション、情報技術などを扱う商店

ペット関連商店

ショッピングセンター
しかし食品や生活必需品を扱う店舗のみ

インターネットを通じて販売することができる店舗

許可されていないこと

バル、カフェテリア、レストラン。 しかし、テイクアウトやデリバリーは可能

カクテルバー、居酒屋、酒店、チョコレート販売店、アイスクリームショップ、冠婚葬祭を行う場所、テラス

映画館、演劇場、クラブ、展示会場、コンサート会場、公会堂、展覧会場

ジム、スポーツ関連施設、公共の場で利用できるスポーツ関連施設、カジノ、レクリエーション場 テーマパーク、動物園、アトラクション施設、ダンスパーティー会場

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください