スペイン コロナウイルス 保健相「根拠のない騒動に陥らないよう」注意喚起 感染者合計69人 うち2人はすでに退院

スペイン中央政府サルバドール・イージャ保健相は2月29日、新型コロナウイルスに関して「心配するのは当然だが、(根拠のない)騒動に陥らないよう」注意を喚起、また「スペインではマスクをして出歩く必要はない」と意見した。

3月1日9時現在まで、スペインで感染が確認されているのは69人。 うち2人はすでに退院している。

地域別では

バレンシア州 15人

アンダルシア州 12人

マドリード 10人

カタルーニャ州 9人

カナリアス諸島 7人(うち1人は退院)

エストレマドゥーラ州 4人

バスク地方 3人

カスティージャ・イ・レオン 3人

バレアレス諸島 2人(うち1人は退院)

ナバーラ州 1人

アストゥーリアス州 1人

カンタブリア州 1人

カスティージャ・ラ・マンチャ 1人

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください