メキシコ 石油盗難用パイプラインが爆発 21人死亡71人負傷

メキシコ・イダルゴ州トラウエリルパン市で国営石油企業PEMEXのパイプラインが爆発、21人が死亡し71人が負傷した。

これは、国営石油企業PEMEXのパイプラインから石油を盗むために流れ出ていたガソリンに引火したためで、この当時このガソリンを求めて集まっていた約1000人のうち、21人が死亡、71人が負傷したことが、州政府オマル・ファヤド州知事の発表により分かった。

発火の原因はわかっていない。

追記 スペイン時間19日17時で死亡者66人 重軽傷者76人

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください