バルセロナ タクシーが無期限スト突入

バルセロナのタクシーが再度無期限ストに突入、グランビア大通りを多くのタクシーが占拠する事態となった。

これは、カタルーニャ州政府が運転手付き配車サービス(VTC)を提供するウーバーやカビファイに対し、利用者とサービス提供者の間で15分前までに契約すればよいと決定したため。

以前までは利用者は契約を即座に締結しVTCを利用することができたが、これに対しタクシー組合側は少なくとも1時間前に利用契約を締結するよう求めていたのに対し、州政府は15分前と決定したため。

現在バルセロナのエル・プラット国際空港ターミナル2に多くのタクシーが集まりこれに抗議している。

あわせて読みたい

コメントを残す