メキシコ司法当局”対石油窃盗措置” 一時的に一部解除を求める可能性

メキシコ連邦政府司法当局が、現在政府の行っている対石油窃盗対抗措置を一時的に一部解除を求める可能性が出てきた。

これは、メキシコ・シティのガブリエル・レギス判事が、アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領(AMLO)の行っている対石油窃盗対抗措置で、多くのパイプラインを閉鎖した結果、石油の供給不足が深刻化し、パンや肉などの生活必需品の供給にも深刻な影響を与える可能性が出てきたため、メキシコ・シティを中心としたパイプライン13か所の一時開放を求めるもの。

この司法判断は1月18日に命令をを下すかどうかの判断がおこなわれ、承認されれば大統領が行っている石油窃盗措置の一時一部解除となる。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください