バルセロナ「エル・プラット」国際空港の名称が「ジョセップ・タラディヤス」国際空港に改名へ

21日バルセロナで今年最後の内閣閣僚会議後、記者会見でバルセロナのエル・プラット国際空港の名称が、「ジョセップ・タラディヤス」国際空港となることが発表された。

ジョセップ・タラディヤスは1939年市民戦争終結後フランスに逃亡。 1954年に当時州首相を務めていたジョセップ・イルラが健康上の理由により辞任。 1954年8月7日に州議会で州首相に選ばれる。 フランコはフランスに対し身柄引き渡しを要求。 フランコ死去後1977年10月23日にスペインに帰国、「¡Ciutadans de Catalunya, ja sóc aquí!」という発言が有名。

https://youtu.be/d0xh4WQNZZk

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください