電動キックボードで初の死亡事故 スペイン

電動キックボードで死亡事故が発生した。 スペインでは初めてと報道されている。

事故が起きたのは今年の8月、バルセロナ郊外エスプルゲス・デ・ヨブレガットのカルメ通り。 時速30キロメートルで走行していた電動キックボードは92歳の女性に衝突、地面に頭を強く打ち、病院に搬送されたものの2日後に死亡が確認された。(記事更新)

現在キックボードに乗っていた二人の青年は過失致死の容疑で捜査を受けているが、電動キックボードは道路交通法が適用できない可能性があるとして検察側は慎重に捜査を行っているとのこと。

一方、バルセロナ郊外サバデイ市で今年10月23日に40歳女性が同じくこのような乗り物に乗っていたが、操作を誤り転倒、トラックにひかれて死亡する事故が起きていた。

あわせて読みたい

コメントを残す