トランプ大統領 ホンデュラス難民が国境を違法に超えた場合必要であれば射殺を許可したことが明らかに

米国を目指し中米から移動してきたホンデュラス難民(キャラバン)が国境を越えないよう監視するため、また税関検査人らを保護するために派遣された米国軍に対しトランプ大統領は、難民らが違法に国境を超えた場合、必要であれば射殺するよう許可を出したことが分かった。

この他トランプ大統領は「そのようなことをしないに越したことはないが、他に選択肢はない」と語った。

現在米国国境付近のメキシコ・ティフアナには約5千人の難民が押し寄せており、今後もさらに増えていく。 

これに対しティフアナ市長はメキシコ連邦政府に対し連邦警察の派遣および緊急財政支援を要請。 同市民らは先週日曜日に反難民抗議デモを行った。

また、難民受け入れのため複数のメキシコ企業が参加する職業斡旋施設も開設されている。

あわせて読みたい

コメントを残す