ホンデュラス難民一部がついに米国国境ティフアナに到着

ホンデュラス人を中心とした北米を目指す難民グループ(カラバナ、もしくはキャラバン)の一部が米国とメキシコの国境付近ティフアナに到着したことが、現地報道により分かった。

ティフアナに到着したのは第一次(現在四次まで存在)ホンデュラス難民から分かれた難民の一部350人で、現地時間13日に到着。

一方、米国側は国境のサン・イシドロ、オタイ・メサを、バリケードを利用し一時的に封鎖。 違法に米国に入国した場合、犯罪者として扱うと発表。

国連の発表によると、10月13日に出発したホンデュラス難民は約7千人。 この他チリ、コロンビア、コスタリカ、サルバドール、グアテマラ、メキシコ、ニカラグア、パナマ、ペルー、ベネズエラなどの難民が加わり9千人規模となっているとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す