マドリード・アトーチャ駅でも爆発物騒ぎ 手榴弾型のベルトだった

スペイン首都マドリードのアトーチャ駅で、爆発物騒ぎがあった。

報道によると、7日朝8時頃、スペイン高速鉄道搭乗用ゲートのセキュリティゲートで手榴弾型の影が映ったため利用客らが一時避難した。

その後、国家警察(ポリシアナショナル)が持ち主の女性を特定、結果的に手榴弾型のベルトであり、爆発物を持っていなかったことが明らかになった。

同じくバルセロナのサンツ駅でおきた爆発物騒ぎも、結局スーツケース内に爆発物は発見されなかった。

現在これらの騒ぎで30分遅れでAVEは運行されている。

あわせて読みたい

コメントを残す