ホンジュラス難民代表団 明日ロペス・オブラドール次期大統領と会談

北米を目指しメキシコシティに滞在している第一次ホンジュラス難民代表団は木曜日にアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール次期大統領と会談すると発表したことが分かった。

記者会見で代表団は、木曜日に次期大統領と会談することを発表したほか、北米の外国人嫌悪政策を非難。

現在ホンジュラス難民(キャラバン)はほぼ3つのグループに分かれてメキシコを北上中。 第一次キャラバンはメキシコシティの競技場に滞在している。

現地特派員の情報によると、現地では多くの貧困層が飢えにあえいでいる現状があるにもかかわらず、難民に対し手厚い保護を行っており、メキシコシティ政府当局の対難民政策を疑問視する声が多く聞かれるとのこと。 また、同じ情報筋から未確認情報ながら、第三次キャラバンが滞在しているオアハカででは、拳銃を持った難民に対し「拳銃を差し出す代わりに、メキシコのパスポートを与えている。」という噂も囁かれているとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す