ホンジュラス難民 オアハカに向け移動開始

ホンジュラス難民(キャラバン)は27日朝、北米を目指しメキシコのタパナテペクに到着、オアハカに向け移動を開始した。

ホンジュラス難民の北上を阻止するため、メキシコ当局(治安維持警察及び国家難民事務局)は高速道路を一時封鎖していたが、難民側代表と当局が3時間におよぶ話し合いにより封鎖を解除、オアハカに向け移動を開始した。

メキシコでは今月末から11月2日まで死者の日が行われ、中でもオアハカは国内でも有数の死者の日を祝う土地。 この時期にちょうどホンジュラス難民が通過、もしくは滞在する可能性が高くなってきた。

現在このキャラバンに赤十字が追従し、長旅での足のケガなどを診ている。 また、キリスト教会では衣服や食料品も用意した。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください