2019年初頭からバルセロナ市郊外で公営電動自転車レンタルサービス開始へ

783175-600-338
バルセロナ都市圏移動交通局アントニ・ポベダ副局長が発表したところによると、来年2019年初頭からバルセロナ市郊外の都市で、電動自転車のレンタルサービスを開始することを発表した。

発表によると、レンタル自転車ステーションは全部で45か所、一か所につき最大14台が停車することができ、常に7台がスタンバイ状態となるよう調整するとのこと。

電動自転車はGPSで追跡することができ、バッテリーの残量も確認することができる。 導入される電動自転車の数は300台。

また、このレンタルサービスを開始するバルセロナ市郊外の自治体は以下の通り。
Castelldefels
Cornellà
Esplugues de Llobregat
Gavà
Hospitalet de Llobregat
El prat de Llobregat
Sant Boi de Llobregat
Sant Cugat del Vallès
Sant Feliu de Llobregat
Sant Joan Despí
Sant just Desvern i Viladecans

レンタルできる時間は7時~24時。 356日間。 初めに年会費として30ユーロを支払うほか、利用時間によって利用料金がかかる。

1280px-Bicing_(Barcelona).jpg
因みにバルセロナ市内で2007年からサービスが開始されたレンタル自転車サービス「ビシング」は、市内に477か所の駐車所があり、約6千台が稼働中。 年会費が47ユーロ。 利用開始から最初の30分は無料で、その後30分毎に0.51ユーロ(消費税別)が課金される。 最大利用時間は2時間までで、これを超えると一時間当たり3.05ユーロ(消費税別)の罰金が課せられ、24時間を超えると利用者カードが無効になり、150ユーロの罰則金が自動的に引き落とされる。 

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください